和歌山県

「ボイジャーブルーイング」クラフトビール醸造所【田辺市】

和歌山県田辺市にある

「ボイジャーブルーイング」
さんに
行ってきました!





2015年に創業したクラフトビール専門メーカー

クラフトビール醸造所です。



ビールの工場見学ができる貴重な場所です。


店前に駐車場スペースがあり何台かとめられますが

来訪者みんなが飲みたいなら電車やタクシーなどを利用して下さい^^


今回の来訪は予定してなかったので、ふらっと立ち寄らせてもらった感じです~



外観はおしゃれなカフェっぽい。



店内に入ると、ビールを注文するスペースと奥にビールを作る工場があります。

店員さんが工場の機械について丁寧に説明をしてくれましたよ。


昼過ぎだったので落ち着いてたのか、結構付きっきりで対応してくれたんです。




製造の用具や機械を見ていると大きいと思いましたが、大手メーカーに比べるとまだ可愛いもので少数用だそうです。



ヨーロッパから来た機械だと教えてくれました。

社会見学みたいで話を聞いているとちょっとワクワクします♪




イートインもできるし、せっかくなので明るい時間からビールを注文!
  • GOLD(ゴールド)
  • COPPER(コパー)
  • IPA(アイピーエー)
  • THRUSTER(スラスター)

4種のクラフトビールからどれにしようか決めましょ~


まだ気温も暑かったので、酸味と口当たりが良さそうなのスラスターをいただくことに!



明るい色味。

爽やかで度数低めです。


飲みやすくて序盤グイグイいっちゃいました。

そして、後半調子に乗ったことをわりと後悔したとゆーね笑






2Fは素敵な酒場。っていうか、バー!笑


持ち込みOKらしいので気軽でいいですね!




壁にビールの製造工程が描かれています。

何かとおしゃれですが、こんな所までよく思いつきますな~













そういえば、「ビール」は何からできているのでしょう?

細かくいろいろあると思いますがメインは以下4つの原料。

  • モルト(麦芽)…発芽させた大麦
  • ホップ…ハーブの一種で苦味や香りをつける
  • 酵母…生きている菌類

そして日本で定められている副原料は

麦、米、馬鈴薯、とうもろこし、でんぷん、着色料、糖類、こうりゃんなど。


発泡酒扱いになる他の副原料は、フルーツ、ハーブ、スパイスなど。



「クラフトビール」についても気になったので調べてみました!

よく「クラフトビール」という言葉は聞くわりにあまりわからなくて。




アメリカでは教会によって条件が定められています。

その条件は以下3つ

  • 小規模であること
  • 独立していること
  • 伝統的な原料や製法でつくっていること



    日本では今のところ明確な定義はないようです。


    簡単に言うと、小さなビール工房で造られるビールのこと。


    特徴としては、個性あふれるビールが楽しめることです。



    でも最近は、大手ビールメーカーがクラフトビール市場に入っているようで。



    そういやスーパーでも見かけるようになったしね。




    新しいものもどんどん出てきてますし、定義づけするとちょっとややこしくなっちゃうみたいですね。


    そして、「地ビール」と「クラフトビール」はだいたい同じもの。

    両方とも小さい規模の醸造所で作ったビールという意味で。




    「地ビール」はお土産要素が多いビール。

    「クラフトビール」は職人技がつまったビール。

美味しけりゃ何でもいいわけですが、いろいろ知識を入れると面白くさらに美味しく感じる気がします♡







店名 ボイジャーブルーイング
住所 和歌山県田辺市上の山
1丁目9-20
TEL 0739-34-3305
定休日
営業時間 9:00~18:00

お店のHPはコチラ↓
https://voyagerbrewing.co.jp/

お店のInstagramはコチラ↓

https://www.instagram.com/voyagerbrewing/?hl=ja


お店の情報は行った時期のものなので、営業時間や閉店等の変更の場合があるかもしれません。
ご自身でご確認の上、ご来訪よろしくお願い致します。

ランキング参加中!

筆者の励みになりますので、よろしければポチッとお願い致します<(_ _)>

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です